大鶴義丹 - ケイダッシュ所属タレント名鑑  

    棒の哀しみ 前編

    1994年に神代辰巳監督で映画化され、数々の映画賞を受賞した映画[棒の哀しみ]のリメイク作品。
    自分を「棒のように生き、棒のようにくたばる」ような男だと冷めた目で見つめる、ひとりのヤクザの生き様を描くドラマ。

    棒の哀しみ

    「棒の哀しみ」に出演する大鶴義丹さんが、11月26日、土曜日に池袋シネマ・ロサ2で行われる「棒の哀しみ」公開初日舞台挨拶に出演します。

    日時
    11月26日(土) 20:00の回(映画上映前)
    場所
    池袋シネマ・ロサ
    料金
    1,800円
    登壇予定
    加藤雅也、大鶴義丹、井上奈々、竹崎綾華、高嶋香帆、監督・伊藤秀裕

    11月26日(土)より、池袋シネマ・ロサ/シネマノヴェチェントほか全国順次公開!!

    STORY

    グレーのスーツ、地味なネクタイ、きっちりと整えられた髪。よく独り言を呟く神経質な男、田中(加藤雅也)。一見普通に見えるが、職業は大村組幹部というヤクザ者。時には素人をいたぶり、ケチな取り立てなど、若い衆がやるような仕事もこなす日々。独身だが、自分の情婦・芳江(中丸シオン)に素人娘を高級娼婦へと育てあげるようなことまでさせている。 大村組の若頭でありながら、組長に疎んじられている田中は、危険な仕事ばかり回される日々に、苛立ちを募らせていた。そんなある日、組長の大村(団時朗)は、田中に新しい組を作れと命令する。上納金だけ絞り取り、跡目は若い倉内(神保悟志)に継がせようとしていることを察する田中。もがき苦しみながら極道という修羅場をしたたかに生き抜こうと、田中は野心を燃やす―。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーサイト

    大鶴義丹(おおつる ぎたん)

    大鶴義丹 公式サイトより
    生年月日
    1968年4月24日
    身 長
    180㎝
    血液型
    A型
    特 技
    料理・素潜り
    ブログ
    大鶴義丹 不思議の毎日
    facebook
    大鶴 義丹(ギタン)
    料理
    大鶴義丹旦那サマ飯店のキッチン

    大鶴 義丹さんについて

    大鶴義丹さんは多彩な才能をお持ちで、その活躍は俳優や小説家だけに留まらず、映画監督やレーシングチームをプロデュースしていたりもします。

    両親はともに有名人で、お父さんは、劇作家・作家・演出家・俳優の唐 十郎さんで、お母さんが李麗仙さんで女優として活躍していました。

    結婚は二度目で、一度目の結婚相手は歌手のマルシアさんで、2004年に離婚されており、娘さんが一人いらっしゃいます。
    2012年には一般の女性の方と再婚しており、高校時代からの友人だったのだそうです。

    メディア露出

    ネットの声

    現在の著書

    湾岸馬賊

    湾岸馬賊

    クリスチーヌとの愛の行方は? 320キロクルージングの速度域に棲む伝説の悪魔とは? そのすべてを知りたくて、トオルは240ZGのアクセルをさらに踏み込む。超高速ラブ・ストーリー!

    ずっと夜だったらいいのにね

    ずっと夜だったらいいのにね

    都市が迷宮化した時、未来におびえる女たちの心をやさしく包む慈悲の風が吹く――。夜の街で知り合ったユカリとアイ。ふたりが予感した、何か怖いような、厭世的で透明な世界とは?初の短編集。

    シーサイド・バー

    シーサイド・バー

    きみも南の島へいってごらん。セイも自由が欲しくていってみたら、訣れたはずの東京の別の姿が見えてきた―。

    ファルス

    ファルス

    一介の不動産マンが友人から売りつけられた拳銃ベレッタ。それを手にした時、神の快楽に目覚めた!! 破壊された本能が吼える、脱皮した自己が疾走る! 新人気鋭作家が描き切る猟奇の世界。

    フェイス

    フェイス

    実家から呼び出されて久々に玄関をくぐると、困惑顔の両親の間に、見たこともない美人が座っていた。美容整形で変貌した妹を引金に、世界が少しずつねじれてゆく。「家庭内シリコン」がもたらす崩壊のドラマ。

    ワイド・ショウ

    ワイド・ショウ

    最初はヤラセだった。しかし放送後次々と寄せられた証言は本物だった。凶悪犯が実在することにスタッフはあわてた。レイプ犯に素手で立ち向かう黒ずくめの男を追う女性レポーターの困惑と発汗のひと夏。

    オキナワガール

    オキナワガール

    悲しいほど鮮烈な十七歳の夏。基地移転で揺れる沖縄の町、オーディションに賭けた少女の劇的な青春の物語。

    昭和ギタン-アングラ劇団の子と生まれて

    昭和ギタン-アングラ劇団の子と生まれて

    状況劇場の座長と看板女優の子として生まれ、異彩を放つ劇団員に囲まれて育った多感な日々。しょっぱくてほろ苦い、自らの半生をリリカルに綴った大鶴義丹快心の書下ろしエッセイ。

    その役、あて書き

    その役、あて書き

    タレントを多用した、ホラーDVD映画の監督で生計をたてている御山は、『仕事がない』と相談を受けたグラビアタレントのミチカと、ある日、関係を持ってしまう。前妻と離婚後、一人娘とも会えず、納得のいくヒット作にも出遭えない日々。一線の女優になるには華のないミチカに魅かれながら、B級映画を撮り続けることに疑問を持ち、新たな鉱脈を模索せんと…。


    主な作品

    映画
    「首都高トライアル」(1988年)
    ドラマ
    「君の瞳に恋してる」(1989年)
    映画
    「湾岸ミッドナイトシリーズ」(1991-1994年)
    ドラマ
    「あの日の僕を探して」(1992年)
    映画
    「となりのボブ・マーリィ」(1995年)監督
    映画
    「怪談・牡丹灯籠・0TSUYU」(1998年)
    ドラマ
    「壬生義士伝」(2003年)
    舞台
    「生きていた小平次」(2003年)
    映画
    「HAZAN」(2004年)
    ドラマ
    「医龍2」(2007年)
    ドラマ
    「だめんず・うぉ~か~」(2007年)
    映画
    「私のなかの8ミリ」(2009年)監督・脚本
    映画
    ブレーキ」(2009年)監督
    映画
    前橋ヴィジュアル系」(2011年)監督
    映画
    「希望の国」(2012年)
    映画
    「キリン POINT OF NO-RETURN!」(2012年)監督
    映画
    裸のいとこ」(2013年)監督
    ドラマ
    「ダークスーツ」(2014年)
    映画
    「夫婦喧嘩は猫も食べない」(2014年)監督
    舞台
    「二都物語」(2015年)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    続きを読む

    プロフィール

    kdgp6

    Author:kdgp6
    芸能事務所ケイダッシュに所属しているタレントの情報やニュースを紹介しています。

    にほんブログ村 芸能ブログ 制作会社・芸能プロダクションへ

    検索フォーム

    アーカイブ

    ブロとも申請フォーム