ニュース - ケイダッシュ所属タレント名鑑  

    「遺留捜査」 2018年7月スタート

    遺留捜査

    上川隆也さん演じる風変わりな刑事「糸村聡」が、事件現場に残された遺留品を頼りに事件を解決に導く刑事ドラマのシリーズ第5弾が、テレビ朝日系「木曜ミステリー」枠(毎週木曜20:00)に放送開始されます!

    今回の舞台は前作同様、京都府警「特別捜査対策室」で、特対メンバーを演じるのは前シーズン同様、栗山千明さん、戸田恵子さん、永井大さんが再集結しました。

    さらに、捜査一課から引き抜かれた新メンバー・岩田信之役として梶原善さんが加入。

    とても楽しみですね!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーサイト

    24番地の桜の園

    華麗なる一族の没落、恋、農奴出身の男の成功。チェーホフの「桜の園」を大胆に脚色した話題作!

    24番地の桜の園

    テレビでおなじみの豪華キャストが勢揃い!

    舞台「24番地の桜の園」が、11月9日から東京・渋谷のBunkamura シアターコクーン、12月2日から長野・松本のまつもと市民芸術館、12月8日から大阪・森ノ宮ピロティホールで上演されることになりました!

    高橋克典さんが、かつて桜の園で農奴として雇われ、現在は商人として成功を収めているロパーヒン役を演じることになりました。

    その他、地主ラネーフスカヤを小林聡美さんが演じ、脇を固めるのが、風間杜夫さん、八嶋智人さん、松井玲奈さん、美波さんなど実力派キャストがずらりと揃っています。

    迫真の演技や絶妙なかけあいなど、舞台の醍醐味をたっぷりと楽しめそうですよ!

    この作品は、アントン・チェーホフの最高傑作にして生涯最後の戯曲となっていて、「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」とともに「チェーホフ四大戯曲」と呼ばれています。

    原作『桜の園』あらすじ
    20世紀初頭のロシア。“桜の園 桜の園”と呼ばれる領地。地主であるラネーフスカヤが娘・アーニャとともにパリから5年ぶりに帰国した。待ち受ける兄のガーエフ、養女のワーリャは再会を喜ぶが、一家の財産は尽き、地所の“桜の園”は売却を迫られていた。一家につかえてきた農奴の家の出であるロパーヒンは、今は若き商人として頭角を現している。“桜の園”の売却を避けるべく、ロパーヒンは別荘地として貸し出す事を提案するが、ラネーフスカヤとガーエフは現実を直視しようとしない。 娘のアーニャは、亡き弟の家庭教師であったトロフィーモフと未来を語り合う。ワーリャとロパーヒンは以前から互いに思い合っているが、どちらからも歩み寄れないままでいる。 “桜の園”が競売にかけられる当日にも舞踏会を開いているラネーフスカヤ。競売の行方に気もそぞろの夫人に、駆け戻ったロパーヒンが“桜の園”を競り落としたのは自分だと告げる――。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    「特命係長 只野仁」が年末にAbemaTVオリジナルで再復活

    AbemaTVで「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2」が2017年末に5夜連続で放送されることが決定しました。

    特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2

    AbemaTV初のオリジナルドラマとして2017年1月に放送され、第1話~第5話の初回放送と再放送の総視聴数が800万を記録した「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル」の最新作となるこの作品。

    この作品は、高橋克典さんの代表作とも言われる作品で2003年7月からテレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠でスタート、2012年まで人気シリーズとして放送されていました。

    主演の高橋さんは

    「14年間、「只野仁」をやってきて、当たり前に存在している作品となっていますが、『最後最後』と聞いてきたものの、これが本当に最後になるかもしれない本作、お色気もアクションも“最後”という気持ちで全力で挑んでいます」

    と決意表明されているのだそうですよ。

    放送日は、まだ2017年の年末に5夜連続ということだけしかわかりませんが、おなじみのレギュラーメンバーも勢ぞろいするとのことですから、これは期待ですね!

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    プロフィール

    kdgp6

    Author:kdgp6

    芸能事務所ケイダッシュに所属しているタレントの情報やニュースを紹介しています。

    にほんブログ村 芸能ブログ 制作会社・芸能プロダクションへ

    検索フォーム

    アーカイブ

    ブロとも申請フォーム