2015年11月 - ケイダッシュ所属タレント名鑑  

    永井大(ながい まさる)

    永井大 公式サイトより
    生年月日
    1978年5月20日
    身 長
    185㎝
    血液型
    O型
    特 技
    空手(インターハイ・国体)5位・松涛館流全国大会優勝・スキー・スノーボード・バスケットボール
    HP
    No Brand Dragon

    永井 大さんについて

    永井大さんといえば、永井マサル名義で主役である浅見竜也を演じた未来戦隊タイムレンジャーを外せませんね。
    芸能界での正式にデビューが主役だなんて凄いですよね。

    しかも、この頃は、仮面ライダークウガで主演を務めたオダギリジョーさん、葛山信吾さんらとともに、イケメンヒーローブームを加速させた1人として人気を集めていました。

    その後、学業に専念し、2002年に本名の永井大名義で再デビューしました。

    ちなみに大学時代には空手で国体5位になるほど運動神経がよく、TBSの筋肉番付でさらに有名になりましたよね。
    そのためアクションシーンなどは代役を立てずに本人で演じることが多いそうです。

    私生活では、2014年12月30日に女優である中越典子さんと結婚し、2015年8月2日に、挙式・披露宴を行っています。

    ノロケまくり!挙式した永井大と中越典子がラブラブすぎる

    結婚式では、同じケイダッシュ所属の渡辺謙さんが乾杯の挨拶を行い、多くの芸能人が出席しており、一つのテーブルには、高知東生夫妻、京本政樹さん、哀川翔さん、沢村一樹さん、河村隆一さんなどが集まったのだとか!!!

    もちろん、兄貴分である高橋克典さんも結婚式に出席し、愛情あふれるエールを送っています。

    メディア露出

    ネットの声

    主な作品

    ドラマ
    「未来戦隊タイムレンジャー」(2000年)浅見竜也 / タイムレッド役
    ドラマ
    「マイリトルシェフ」(2002年)上畑耕太郎役
    映画
    「新・空手バカ一代 格闘者」(2002年)狩野丈太郎役
    ドラマ
    「特命係長 只野仁1stシーズン」(2000年)森脇幸一役
    映画
    「偶然にも最悪な少年」(2003年)難波栄一役
    映画
    「使の牙B.T.A.」(2003年)
    ドラマ
    「特命係長 只野仁スペシャル第1弾」(2004年)森脇幸一役
    映画
    「ゴーストシャウト」(2004年)元木俊雄 役
    ドラマ
    「特命係長 只野仁2ndシーズン」(2004年)森脇幸一役
    ドラマ
    「サラリーマン金太郎」(2008年)矢島金太郎役
    映画
    「特命係長 只野仁 最後の劇場版」(2008年)森脇幸一役
    ドラマ
    「サラリーマン金太郎2」(2010年)矢島金太郎役
    ドラマ
    新選組血風録」(2011年)土方歳三役
    ドラマ
    「特命係長 只野仁ファイナル」(2012年)森脇幸一役
    舞台
    「放浪記」(2015年)藤山武士役
    ドラマ
    水戸黄門スペシャル」(2015年)徳川綱豊役
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーサイト

    ムッシュかまやつ

    ムッシュかまやつ 公式サイトより
    生年月日
    1939年1月12日
    身 長
    170㎝
    血液型
    B型
    特 技
    -
    twitter
    ムッシュかまやつ

    ムッシュかまやつさんについて

    日本ジャズ界の草分けとして知られているムッシュかまやつさんですが、やはりムッシュと言えばスパイダーズですよね。

    様々な経歴を経て、2015年現在では、山岸竜之介16歳、スーパーベーシストKenKen29歳との3人による世代を超えたグルーヴで繋ぐスペシャルトリオ「LIFE IS GROOVE」を結成し活動しています。
    このバンド何が凄いって、年齢の差がなんと60歳もあるのです!!

    かまやつさんの家系は根っからの音楽一家のようで、お父さんがジャズシンガーのティーブ・釜萢さんで、息子さんのTAROかまやつさんはサラリーマンを経て今は音楽活動を行っています。
    また、ムッシュのお母さんの妹である浅田陽子さんはジャズシンガーであり、その浅田陽子さんの夫はトランペッターの森山久さんです。

    そして、浅田陽子さんと森山久さんの長女として森山良子さんがおり、森山良子さんの長男として森山直太朗さんがいます。

    わかりやすい家系図はコチラ

    音楽とは関係はありませんが、お笑い「おぎやはぎ」の小木博明さんも森山良子さんの長女と結婚されていますから、音楽一家ならぬ、芸能一族といっても過言ではありませんね。

    メディア露出

    ネットの声

    主な作品

    ムッシュかまやつさんの楽曲はあまりに多く、まとめられているサイトを紹介しておきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    続きを読む

    南野陽子(みなみのようこ)

    南野陽子 公式サイトより
    生年月日
    1967年6月23日
    身 長
    161.8㎝
    血液型
    B型
    特 技
    -
    facebook
    南野陽子
    ブランド
    Actress Princess

    南野 陽子さんについて

    南野陽子さんは、1984年にドラマで芸能界デビューし、翌年1985年の自身の18歳のバースデーに「恥ずかしすぎて」で歌手デビューしました。
    現在ではケイダッシュに所属していますが、ケイダッシュに入る前までは、エスワン・カンパニー、サザンフィールド、スイートベイジルに所属していました。

    1985年には南野さんの代名詞とも言える「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」で主役の2代目麻宮サキとなる五代陽子を演じ、一躍ブレイクしトップアイドルになりました。

    この頃のアイドルは、演技も歌もできるというのが必須条件で、CMにもよく出ていました。

    また、ラジオ番組「南野陽子 ナンノこれしきっ!」が1986年から始まり、デビュー早々忙しい時期を迎えます。
    歌手活動としては、22枚のシングルを発表し、そのうち9曲がオリコンで1位を獲得しています。

    シングル曲(1位獲得はオレンジ)

    1. 恥ずかしすぎて
    2. さよならのめまい
    3. 悲しみモニュメント
    4. 風のマドリガル
    5. 接近 (アプローチ)
    6. 楽園のDoor
    7. 話しかけたかった
    8. パンドラの恋人
    9. 秋のIndication
    10. はいからさんが通る
    11. 吐息でネット
    12. あなたを愛したい
    13. 秋からも、そばにいて
    14. 涙はどこへいったの
    15. トラブル・メーカー/瞳のなかの未来
    16. フィルムの向こう側
    17. ダブルゲーム
    18. へんなの!!/思い出を思い出さないように
    19. 耳をすましてごらん
    20. KISSしてロンリネス
    21. 夏のおバカさん
    22. はいからさんが通る/吐息でネット

    1990年ぐらいからは、歌手活動を休止し、女優業に専念。
    1999年に現在のケイダッシュに所属することになります。

    そして、2016年に24年半ぶりとなるソロコンサートを開催決定しました。

    南野陽子デビュー30周年記念ベスト

    2015年12月9日、南野陽子さんのベストアルバム「ゴールデン☆アイドル 南野陽子 30th Anniversary」がリリースされました。

    ゴールデン☆アイドル 南野陽子 30th Anniversary

    これは5枚組のCDとなっていて、Disc1~3には、全シングル(カップリング曲も含む)が網羅されており、Disc4と5は、南野陽子さん自身が選曲したフェイヴァリット曲集となっているのだそうです。

    しかも嬉しいのが、当時のアナログシングルジャケットを原寸大で復刻した豪華ブックレットがついてくるうえに、2月に行なわれるデビュー30周年コンサート終演後の握手会参加券がついた完全生産限定盤企画なのだそうです。

    メディア露出

    ネットの声

    主な作品

    ドラマ
    「名門私立女子高校」(1984年)
    ドラマ
    「時をかける少女」(1985年)
    ドラマ
    「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」(1985年)
    ラジオ
    「ナンノこれしきっ!」(1986年)
    ドラマ
    「アリエスの乙女たち」(1987年)
    映画
    「スケバン刑事」(1987年)
    映画
    「はいからさんが通る」(1987年)
    映画
    「菩提樹 シンデンバウム」(1988年)
    ドラマ
    「追いかけたいの!」(1988年)
    ドラマ
    「あいつがトラブル」(1989年)
    ドラマ
    「いつか見た青い空!」(1990年)
    映画
    「白い手」(1990年)
    映画
    「ゴールドラッシュ」(1990年)
    ドラマ
    「密愛 2.26に散った恋」(1991年)
    映画
    「寒椿」(1992年)
    映画
    「私を抱いてそしてキスして」(1992年)
    ドラマ
    「ふられ上手」(1993年)
    映画
    「ドライビング・ハイ!」(1993年)
    ドラマ
    「揺れる想い」(1995年)
    映画
    「三たびの海峡」(1995年)
    映画
    「大いなる完 -ぼんの-」(1998年)
    映画
    「駅に住みよし」(2000年)
    ラジオ
    「今日はナンノ日っ!」(2006年)
    ドラマ
    「インターホン症候群の女・他人の生活を覗きたがる主婦の秘密」(2008年)
    ドラマ
    「鈍獣」(2009年)
    ドラマ
    「さすらいの女弁護士 山岸晶」(2010年)
    映画
    「オムライス」(2011年)
    映画
    いしゃ先生」(2016年)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    続きを読む

    長谷川初範(はせがわはつのり)

    長谷川初範 公式サイトより
    生年月日
    1955年6月21日
    身 長
    173㎝
    血液型
    A型
    特 技
    剣道三段・スキー・レスリング・英会話・マーシャルアーツ

    長谷川 初範さんについて

    長谷川初範さんといえば、いまやダンディな俳優として有名ですが、実はスポーツ万能な方で、剣道は三段、居合道一級、スキー一級のみならず、高校時代はレスリングで活躍していたり、バスケットボールなどでは実業団チームとして全道大会に出場してていたりします。

    しかも、スポーツだけでなく音楽にも精通しており、高校時代にはロックバンドのボーカルをやっていたそうです。

    長谷川初範さんといえば、愛称が「ショパン」と呼ばれており、一時期は長谷川ショパンとして活動していたこともあります。
    この由来は、ショパンのノクターンに衝撃を受けたからとか、名前の「初範」をショパンと読むだとか色々な諸説あるようです。

    長谷川さんといえば、やはりこれ、ウルトラマン80でしょうね。

    この作品では、主人公である矢的猛役を演じ、今でもこの出演を誇りにしているとのことで、2007年放送の「ウルトラマンメビウス」にも、厳しいスケジュールの合間を縫って客演しています。

    29歳の時に重度のぜんそくによって、芸能界の引退を選択しましたが、初代タイガーマスクである佐山サトルの助言で佐山サトルの道場に通いスクワットを続けたところ、病気はみるみる回復し32歳の時、俳優に復帰しました。

    その後は、「101回目のプロポーズ」でヒロインの亡くなった恋人役で大ブレークし、現在に至っています。

    メディア露出

    ネットの声

    主な作品

    ドラマ
    「俺たちの祭」(1977年)
    舞台
    「ええじゃないか」(1977年)
    ドラマ
    「ウルトラマン80」(1980年)
    映画
    「幻の湖」(1982年)
    映画
    「南極物語」(1983年)
    映画
    「セカンドラブ」(1983年)
    ドラマ
    「真田太平記」(1985年)
    ドラマ
    「三匹が斬る!」(1988年)
    舞台
    「三島由紀夫 近代能楽集 葵上」(1988年)
    ドラマ
    「忠臣蔵」(1990年)
    ドラマ
    「101回目のプロポーズ」(1991年)
    映画
    「仁義 JINGI」(1991年)
    映画
    「国会へ行こう!」(1993年)
    映画
    「ガメラ 大怪獣空中決戦」(1995年)
    映画
    「極道の妻たち 赫い絆」(1995年)
    映画
    「ガメラ2 レギオン襲来」(1996年)
    ドラマ
    「はみだし刑事情熱系 」(1999年)
    ドラマ
    「サラリーマン金太郎」(2000年)
    映画
    「静かなるドン THE MOVIE」(2000年)
    ドラマ
    「熟年離婚 」(2005年)
    ドラマ
    「太閤記〜天下を獲った男・秀吉」(2006年)
    映画
    「燃ゆるとき」(2006年)
    舞台
    「双頭の鷲」(2007年)
    映画
    「うん、何?」(2008年)
    映画
    「私のなかの8ミリ」(2009年)
    映画
    さまよう刃」(2009年)
    映画
    「忍道 SHINOBIDO」(2012年)
    映画
    いしゃ先生」(2016年)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    近藤芳正(こんどうよしまさ)

    近藤芳正 公式サイトより
    生年月日
    1961年8月13日
    身 長
    171㎝
    血液型
    AB型
    特 技
    -
    HP
    こんどーのこんど
    twitter
    近藤芳正

    近藤 芳正さんについて

    日本を代表する名脇役として、独特の存在感をお持ちの近藤芳正さん。
    先頃では、映画「野良犬はダンスを踊る」では、54歳にして初主演と初のベッドシーンをこなすなど精力的に活動されています。

    芸歴も意外と長く39年とのことで、実は1976年から78年までNHKの「中学生日記」に出演されていました。

    近藤さんといえば、やはり三谷幸喜さんの作品を外すことはできないでしょう。
    なんといっても三谷作品では名バイプレイヤーといっても差し支えなく、三谷さんとの出会いが役者としての展開期にもなっています。

    ちなみに近藤さん、プライベートではかなりの人見知りのようで、役者としての道がなかったら、どうなっていたのかわからないそうです。

    とはいえ、意外なところでは、ダチョウ倶楽部の前身である「キムチ倶楽部」にも在籍していたこともあるそうで、人のつながりって面白いものですね。

    メディア露出

    ネットの声

    主な作品

    ドラマ
    「中学生日記」(1976年)
    映画
    「おもひでぽろぽろ」(1991年)
    映画
    「12人の優しい日本人」(1991年)
    舞台
    「彦馬がゆく」(1993年)
    ドラマ
    「この愛に生きて」(1994年)
    ドラマ
    「春よ、来い第2部」(1995年)
    映画
    「マルタイの女」(1997年)
    映画
    「ラヂオの時間」(1997年)
    映画
    「もののけ姫」(1997年)
    ドラマ
    「レッツゴー!永田町」(2001年)
    映画
    「ドラゴンヘッド」(2003年)
    舞台
    「バナナがすきな人」(2004年)
    ドラマ
    「逃亡者 RUNAWAY」(2004年)
    映画
    「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)
    映画
    「THE 有頂天ホテル」(2006年)
    映画
    「ザ・マジックアワー」(2008年)
    舞台
    「90ミニッツ」(2011年)
    映画
    「ステキな金縛り」(2011年)
    舞台
    「英国法のスピーチ」(2012年)
    映画
    「清須会議」(2013年)
    映画
    「許されざる者」(2013年)
    ドラマ
    軍師官兵衛」(2014年)
    映画
    「ゴッドタン THE MOVIE2 サイキックラブ」(2014年)
    映画
    D坂の殺人事件」(2015年)浪越警部役
    映画
    「野良犬はダンスを踊る」(2015年)主演:黒澤宗之役
    舞台
    「100万回生きたねこ」(2015年)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    プロフィール

    kdgp6

    Author:kdgp6
    芸能事務所ケイダッシュに所属しているタレントの情報やニュースを紹介しています。

    にほんブログ村 芸能ブログ 制作会社・芸能プロダクションへ

    検索フォーム

    アーカイブ

    ブロとも申請フォーム